D.M.Z.

124MJ

有名人や映画キャラクターなどと同じ物をマネて満足する趣向は既に消え去りましたがそれでも自分が気に入っている物を有名人やキャラクターが使っているのが判明したりするとそれはそれで気分が盛り上がります。見入ってしまいます。得した気分も感じないではありません。

このライブバージョン、itunesで聴けるようにしてほしい。間合いとかちょー好きです。
当時、この曲との出会いはこの音源からだったのでスタジオ収録の普通のバージョンはつまんない。itunesで買ったけど全然満足感ない。すっごい消化不良、不完全燃焼。このバージョン何とかしてiphoneに入れたいんですが。
a0106965_23312470.jpg
肩はインターロック仕上げ、襟は周回仕上げ、ほぼ間違いなく黒のパッチタグ。年代的には自分の持ってる物と同じです。ただしボタン配列は均等なタイプです。自分が愛用しているのは厳密にはMaverick 3J03MJでこのジャケットは124MJですが。

その前年、1984年での124MJジャケットがそのままこのライブで使われていたようです。
下から2番目ボタン付近のほころびから同じ物とわかります。

この当時はラングラーの「ラ」の字も知りませんでした。
こういうテンポの曲は当時の趣味に合わず、更にお気に入りのアーティストでない事も重なって聞き飛ばしてたので今になってやっとちゃんと聞いた。当時一度でも我慢してフルコーラス聞いていれば飛ばすほどでもないかなぁ、と今思うけど。

※マルタ製124MJの判別方法を確立したので2015-10-04記事を編集
[PR]
# by army_shade | 2016-10-22 23:14 | denim | Trackback | Comments(0)

KHE SANH へ行ってきた ④

2016/07/08
今日一日フエの市内観光です。
前回訪問時は行かなかった旧市街、城内見学です。
a0106965_15352134.jpg
ホテルでチャリを借りてフォン河を渡って旧市街エリアへ。
a0106965_1537649.jpg
途中露店で骨董品売りがいたのですがこんなもんまで。ポーチなんかもうこのレベルだとただのゴミでしょ!?
a0106965_16103356.jpg
到着~!
a0106965_1514863.jpg
さあ、いよいよ城内に入ります。私の感覚では「城壁に囲まれた街」というのは聞いた事はあったけどいまいち想像できません。
a0106965_15425523.jpg
でも中はいたって普通の街並み。
a0106965_1543613.jpg
普通の生活が営まれていました。
a0106965_16294032.jpg
この通りはなんとなく夜の大人の街に見えるのですが・・・。
a0106965_1527718.jpg
具体的な目標、目的地もないので城壁に沿って移動することにしました。すごい、どもまでも城壁が残ってる。しかもかなり広大。
a0106965_15494679.jpg
レンガ一個一個積み上げて、昔の人はがんばったねぇ。そして今も残る城壁はこのように今でも生活に密着して存在しているところに感動。
a0106965_1522210.jpg
1969な建物に遭遇。
a0106965_16322276.jpg
こんな戦争の遺構もところどころに見かけます。日本と違って時間の流れがゆっくりですね。
a0106965_1533727.jpg
a0106965_1604738.jpg
前回のフエ訪問から帰国後で見た地図に載っていた、滑走路跡も行ってみた。
a0106965_16163987.jpg
あの城壁は前回行った宮殿を区切る物。
a0106965_16174447.jpg
なんとものんびり幸せな時間を過ごせました(精神的に)。体力的には炎天下をチャリで走りっぱなしでしたが。
a0106965_16175263.jpg
a0106965_16331553.jpg
a0106965_16342818.jpg
ホテルに帰ってきました。
一日中炎天下の中を移動しまくり、めっちゃ疲れましたが心地よい疲労感です。
a0106965_16372152.jpg

[PR]
# by army_shade | 2016-09-19 16:37 | vietnam | Trackback | Comments(0)

zama bon-odori 2016

a0106965_12522273.jpg
今回は自身の都合上、19時に入場。予定では21:00までのイベントなので入門者も疎らかと思いきや、入場者の行列。そして入場後も食事をするのにどこでも何を買うにも激混みで行列、行列。
a0106965_12501060.jpg
腹を決めて我慢して20分程度並んでゲットしたホットドック。ハンバーガーが食いたかったけど直前で売り切れてしまった。
a0106965_12511732.jpg
a0106965_12512775.jpg
a0106965_12492660.jpg
ZAMA入りマイクロファイバータオル。
a0106965_12493312.jpg
a0106965_12562980.jpg

[PR]
# by army_shade | 2016-08-07 15:46 | Trackback | Comments(0)

I Love Tama Hills

Inagi Festivalへ参戦。
a0106965_18432357.jpg
1030入場開始時点で100m程度の行列。今回は金属探知によるチェックがあるので入場に多少時間がかかるとのスタッフの案内。
a0106965_19334910.jpg
初めてのタマヒルズ。
a0106965_19335892.jpg
自然に囲まれたいい施設ですやん。
a0106965_1901390.jpg
a0106965_18451981.jpg
a0106965_18472177.jpg
どうせなら$10フィレステーキに挑戦。でも値段の割には量が足りず、結局あとでハンバーガーも食った($3)。
a0106965_1934793.jpg
侍太鼓ですって。
a0106965_1972160.jpg
横田から来てるらしいっす。
a0106965_194045.jpg
そういえば天気予報で今日は怪しいらしいね。ステージの催物に関しては正直なところ自分の趣味じゃないジャンルなのであまりじっくり見ていられなかった。
a0106965_199668.jpg
私の興味はABUに注がれます。
a0106965_19112975.jpg
最近興味が薄れていたABUですが実際に目にするとまた興味が湧いてきます。
a0106965_1913139.jpg
空軍でもやっぱり靴がバラバラで統一感がない。
a0106965_19141324.jpg
今回の訪問で目的としていた事の一つにABUのリップストップを確認すること。
a0106965_19155728.jpg
もう普及しているようで見るもの全てがrip stopでした。それってやっぱり官製品なのでしょうか?
a0106965_19193449.jpg
イチガン持ってるセキュリティポリスにすれ違いざまに突然話しかけられました。ステージを鑑賞する訳でもなくカメラを持ってうろつく私の行動が怪しまれたのか?一瞬、職務質問かな?と思いましたが、そうではなかったようで私のD7200を指して「Nikon!」と。発音は「ナイコン」ではなく「ニコン」でした。ついでに写真も撮らせてもらいました。
a0106965_1924566.jpg
でもね、よく見たらあなただってNikonじゃん、それもD810じゃんwww。「セキュリティポリスなのに何でカメラ持ってんの?」、「それって私物?公務で?」って質問したかったけど言葉がわからなくて何にも聞けなかった。
a0106965_1923658.jpg
突然強い風が吹いたかと思ったら激しい雨が。ステージは一時中断。しかし通り雨ですぐに止みました。
a0106965_193167.jpg
事前の下調べで飲食の出店以外の情報が得られなくて物品の出店がない事も予想されていたけど、実際は小さくて僅かな品揃えながら出店がありました。訪問の目的のもう一つである基地名入りTシャツが無事ゲットできた。
a0106965_2056670.jpg
一見CAMP ZAMAみたい。TAMA HILLSを期待してたのに。一着$25、合わせて$50、高けー!
今回は先日のヴェトナム、ケサン訪問で余ったドルを持って行ったので日本円は一円も使いませんでした。
a0106965_1924576.jpg
さあ、そろそろ帰ろっかな。
a0106965_19333140.jpg
さっきの豪雨がうそのように天気が回復しましたとさ。
[PR]
# by army_shade | 2016-07-31 21:20 | Trackback | Comments(0)

KHE SANH へ行ってきた ③

サイゴンの散策を終えてタンソンニュット空港へ。
ここからヴェトナム航空でフエの空の玄関口、フバイへ直行。
a0106965_2241073.jpg
タラップで搭乗。
a0106965_22405322.jpg
AIRBUS A321 VN-A609 。この機は日本にも飛来している実績がありますね。
a0106965_22423515.jpg
フバイ着。フバイといえばかつて海兵隊が陣を構えていたところですがそんな雰囲気は微塵も感じません。てか、じっくり眺めている感じじゃない。場の空気的に追い立てられるように出場。
a0106965_2244734.jpg
到着ゲートを出たら真正面にフエ市街行きのミニバス(50,000vnd)がいるはずなのでそれを捕まえます。小っちゃい屋台みたいなカウンターで無事購入することができました。フエまで約17キロ、30分弱でヴェトナム航空オフィス前に到着。早速ホテルにチェックインして荷物を置いて街に繰り出さなければなりません。それは明日のDMZツアーに申し込まなければならないからです。幸いツアー会社のオフィスはホテルから徒歩圏内にあるようなのですが時間も時間、シャワーも浴びず急いで出発し無事閉店時間前に間に合いました。でもやっぱり明日、8日のツアーには間に会いませんでしたので9日となりました(37,9000vnd)。まあ、でも元々中止があり得る日本語ツアーの事を想定したフエ3泊の日程なので余裕です(とはいっても8日か9日しか余裕はないのですが。10日は18時フバイ発なので空港に間に合いません)。明日はゆっくり前回逃したフエ旧市街見物と行きましょう。今回は宮殿内には入りません。
a0106965_2337814.jpg
ケサン行きも無事手配でき、気持ちも落ち着いたので飯を食うことにします。やはりレストランなんかより大衆食堂や露店の庶民の食事でしょう。よくわかんないけど鶏肉と野菜の炒めた感じのものでした。旨かったけどなんか物足りないので辛い調味料を日本の食堂の感覚で足したらめちゃくちゃ辛かった。衛生面が気になったけどあまり具体的に考えない事にして。しかし除菌ウェットティッシュは必携です。結局特に腹を下したとかはありませんでした。
と、2016-7-7を終えました。
[PR]
# by army_shade | 2016-07-26 19:45 | vietnam | Trackback | Comments(0)

Pokemon GO 始めますた

a0106965_9135331.png
昨日7月22日10時過ぎに配信されたというPokemon GOの話題はいたる所から聞かれますが、私的にはそんなに興味はないけど世間的(世界的)時事に置いて行かれまいと一応始めますた。
興味はないと言いつつも、徒歩0分の近所の公園にクラブがいたので早速捕まえに行ってしまいますた。
a0106965_955350.png

[PR]
# by army_shade | 2016-07-23 09:21 | Trackback | Comments(0)

KHE SANH へ行ってきた ②

Khe Sanhに行けた興奮で記事が先走ってしまったが昂りも少し納まってきたので改めて旅を順に振り返り記録しておこうとおもふ。
自分の過去記事を読み返していて「そんな事もあったけか!?」と忘れてしまう事もあり、勿体ないので記憶が鮮明なうちに記録しておこう。

2016-7-7
今回、旅の企画の段階ではDMZ日本語ツアー(1人$199)に申し込むつもりでしたが人数が足りない場合(日本人には全く人気がない)は中止の可能性もあるということでネット予約はせず開催状況の見極めを兼ねて現地で直接申し込みをしようとしました。しかしフエに日本語ツアー受付オフィスが無いという事で、サイゴンのオフィスで行うことになります。その為にフエ行き飛行機の時間を調整して手配をしました。
ところが日本出発直前に英語ツアー($16程度)でも自分には全く問題ないと判明し、現地フエで手配する事に変更したので結局サイゴン滞在はフライト待ちの時間調整となりました。市内に滞在したのは4~5時間程度(スーツケースはタンソンニュット空港に預けてありますから身軽です)。最初からちゃんと調べて英語ツアーで計画していればさっさとフエ行きに乗り換えて現地でゆっくり落ち着けていたのだけど。と、後悔していたけど今振り返ればやっぱり少しでも2016年のホーチミンシティーに触れられて良かった。
ところで、乗り継ぎだとハノイ経由の方が時間や費用面で若干得する事もあり得るのだけれど、無意識にサイゴン経由で考えてしまう。やっぱりそれだけ引き付けられる魅力的な街です。
a0106965_16455773.jpg
市民劇場から国営百貨店方面を望むお約束写真、2016年版。
a0106965_17101763.jpg
「国営百貨店」サイゴンタックストレードセンター(Thuong Xa TAX)は今年も見る事ができました。一部保存がされるようですが基本的に新しく生まれ変わるそうです。ほんの一瞬ですが自分もこの建物に関わりや思い出が持てた事がうれしいです。
a0106965_17123678.jpg
近年のヴェトナムの急速な発展をどう見ておられるのでしょうか。
a0106965_1646569.jpg
人が疎らで意外です。時期的なのか、時間的なのか?
a0106965_17175262.jpg
ヴェトナム初訪問時に泊まったホテル。実は歴史的な国営百貨店の隣でした。
a0106965_17182775.jpg
偶然見ていたNHKの番組で1970年頃建設と紹介されていたビル。見た目のオールド感に反して若者向けのカフェや洋服屋などが入っているそう。
a0106965_17222640.jpg
急速な建物の近代化が進んでいます。新旧の対比がまだ見れる今の時代が丁度変換期ですね。
a0106965_17223628.jpg
こういうところに交じってコーヒーなんか飲みたいけどまだ気軽にいけません。勇気がいります。全く無理ではなくなったけど雰囲気や規模やらを選んでしまいます。
a0106965_1726718.jpg
高島屋は今月中に開店するそうですがそんな雰囲気には見えないんですが。
a0106965_17282490.jpg
日本人でも気楽に買えないベンツって・・・。ヴェトナムでは例えば100万円の車だったら200万用意しなければ取得できないくらい税金が高いそうで。
a0106965_17283592.jpg
都会では滅多に見かけないノンラーと思っていましたが今年はよく見かけました。観光客向けのサービス???うまく写真に撮る事が出来なかったけどビニールカバーをかけたバージョンも見かけました。あれなら雨が凌げていいですね。そして絵なんか描いてあっておしゃれでした。
a0106965_17311851.jpg
右と中央の兄ちゃんなんか日本でもよく見かける顔つき。明らかに俺より何倍もイケメン。
a0106965_1939047.jpg
ヤンシン市場は面白いので毎回訪れるのだけど店員の視線や雰囲気的に気になって中々写真が撮れない。今回やっと撮った。気のせいか今年はACUやABUの露出が少ないように感じた。
a0106965_17285889.jpg
a0106965_1729799.jpg
さて、そろそろ空港へ行きましょう。今日中にフエに行きます。2016年のサイゴンよ、さようなら。2017年にまた来ます。
[PR]
# by army_shade | 2016-07-18 00:08 | vietnam | Trackback | Comments(0)

ケサン帰りのジャングルブーツ1266

09/07/2016 念願叶ってついにKhe Sanh 訪問。
実はケサン訪問にはもう一つの目的があり、それはジャングルブーツをKhe Sanhの赤土色に染める事でした。
メコンデルタホイアンを歩いたのは6 67でしたが今回は1266を連れていきました。
a0106965_2020372.jpg
しかし当日は小雨の天候。
a0106965_20243394.jpg
地面は湿っているのでダストをまぶすことは期待できません。
a0106965_22141380.jpg
結構歩いたのですが靴はソール以外は綺麗なままです。ダストまみれというわけにはいきませんでしたがこのまま帰るのも納得いきません。
a0106965_20502822.jpg
演出はあまり好きじゃないけど仕方がない、そんな事にこだわってる場合じゃないと、靴底の泥を無理やり擦り付けたり不自然な体勢で側面を地面になすり付けたりして少しでも泥を獲得します。でもやっぱり人目も気になる訳でこの後もバスに乗車するのですから必要最小限に収めました。
a0106965_2024405.jpg
ケサンを象徴するようなあの赤土色の大地についに立つことができました。


そしてその後の諸々の行程をクリアーし現在の姿へ。
我が家に鎮座するケサン帰りのジャングルブーツ1266。
a0106965_2034941.jpg
a0106965_204535.jpg
a0106965_2041297.jpg
a0106965_2042037.jpg
a0106965_2273594.jpg
ひれ伏した3人のうち左の人物はM-1963を履いており、もう2人のひれ伏した人はM-65ジャケットを着ているのが確認できます。

[PR]
# by army_shade | 2016-07-14 00:00 | Footwear | Trackback | Comments(0)

KHE SANH へ行ってきた ①

いつかは絶対に行ってみたい、行かなきゃならないケサンについに行きました。
ケサンは僻地にあり、日程はこの為だけにすべてを合わせましたのでフエに3泊しました。
(ようやくユエでなく”フエ”と自然に言えるようになりました、それでもタンソンニャット空港は意識的にわざと”ニュット”と表現するようにこだわってますw)
ケサンの一番近くの街はドンハですがドンハ拠点のツアーはなく、どうしてもフエが拠点になります。
土地勘もなく、日程も限られているサラリーマンにとって最初の一歩はツアーに頼るほかありません。
a0106965_2135828.jpg
日本で計画している時点では日本語ツアーで参加するつもりでいたのですが出発直前にネットで検索していると英語ツアーでも何の問題もないということで急遽英語ガイドのツアーに切り替えました。日本語ツアーだと2人参加で1人あたり$99、1人参加だとなんと$199、しかも人数が揃わないと中止という可能性もあるそう。ですがそれでも日本語ツアーに申し込むつもりでした。値段のことで諦めるという発想はありません。金の問題ではなく何が何でも行きたいのでした。サイゴン到着後もすぐにはフエに向かわずにサイゴン市内の旅行社で申し込みと日本人参加状況把握するためにわざわざ市内滞在の予定を設けましたが結局時間を持て余してしまいました。
で、結局十数ドルの英語ツアーで済みました。400,000VNDでお釣りがくるくらい。
(この日本語ツアー中止の可能性を考慮してのフエ3泊であり、普通はケサンの為だけなら1泊で十分かと)
a0106965_2133453.jpg
ハイエース程度のバスに白人中年夫婦2組、日本人初老夫婦1組、白人青年1人と俺の8人のコンパクトなツアーでした。騒ぐわけでもなく時折ガイドの説明と夫婦間の会話を除いて車内はシーンと静まりかえっていました。景色に向かってシャッターを押すことすら遠慮してしまうくらい。
a0106965_2134173.jpg
ケサン基地跡に入場です。三角屋根の建物がミュージアム、その向こうがいよいよ滑走路だな!?
a0106965_21374231.jpg
パラパラと雨が降っていますがそんなの関係ねー。パンフレット類もなく、あらかじめ調べてきた訳でもなく今自分がいる地点がわからないけどとにかく俺は今、ケサンにいるんだぞー!
a0106965_21395153.jpg
向かいの平原が滑走路でしょう。あの赤土がむき出しになった当時のケサンの印象は薄いですね。
a0106965_2141495.jpg
右方向(西側)を望む。
a0106965_21414217.jpg
う~~~ん、前もって基地の見取り図とか調べておけばよかったかなあ?でも帰国してから山の稜線などから位置特定できるようにつまらない写真でもいいからできるだけ四方を撮っておこう。
a0106965_2142761.jpg
他の中年夫婦たちはあまり動き回るほど積極的ではなかったので場の空気的に私も動き回り辛かったのですが、このオーストラリア人青年はまるで子供のように動き回っていたので私も滑走路方向に行ってみました。
周りは草だらけで一見ではどこが滑走路かエプロンなのか全くわかりません。今思えば私も彼くらいの位置まで行ってみればよかった。
a0106965_21421717.jpg
全て復元のようです。あくまでイメージな施設のようです。
a0106965_21425055.jpg
土嚢のように見えますがすべてコンクリートによる造形でした。
a0106965_21425976.jpg
C130側から入場口方面を望む。
a0106965_21582674.jpg
写真をつなぎ合わせてパノラマ写真に似せたものです。実際は180度振り返ります。ですからこの写真は実際の印象と違います。
a0106965_2283439.jpg
夢中で気が付かなかったけど雨も止み、青空もチラリと。
そんなこんなやってるうちにおーい、とガイドさんが。出発時間が迫り、俺ら2人待ちだったみたいw
いや~、時間足りない。このケサンはDMZツアーの一部なので仕方ないが、俺の目的はこのケサンなんだよね。もう終わりかよ~。30分位しか居れないのは苦痛だ。半日でも、弁当持って丸1日でも居れるよ、俺の場合。
a0106965_23575913.jpg
帰国した今、ゆっくり調べてみるとこういう位置関係でした。
a0106965_22552015.jpg
google mapで見ると今でも6区画の駐機場跡がうっすら確認できるのでそれを基準に割り出しました。
a0106965_085198.jpg
今ではただの平野、農地ですが当時はでかい規模だったのですね。一つの街ではないですか。
a0106965_22141380.jpg
というケサンに来た理由のもう一つは、ジャングルブーツをケサンの赤土まみれにすることだったりします。
[PR]
# by army_shade | 2016-07-12 00:19 | vietnam | Trackback | Comments(0)

HIGHLANDS COFFEE

a0106965_12211452.jpeg
日本での自分の生活圏内では提供してくれる店がついにみつからなかったベトナムコーヒーをサイゴンの街角で楽しんでいます。
a0106965_12170269.jpeg

a0106965_12220411.jpeg

[PR]
# by army_shade | 2016-07-07 12:08 | Trackback | Comments(0)